加藤 出レポートKATO'S REPORT

本レポートは、当社のチーフエコノミスト加藤出が、日銀ウォッチング、Fedウォッチング、金融市場分析などをテーマに、金融市場のプロフェッショナルに向けて解説したものです。
日経QUICK、ブルームバーグなどの専用端末にてご覧になれます。

なお、東京短資㈱及び東短グループのお取引先様で本レポートにご興味をお持ちの方は、当社グループの御社営業担当までご相談下さい。
過去の加藤レポートについてはレポートアーカイブをご覧ください。

レポート

       
  • 2024年6月14日号
    海外中銀QTの実際(2)日銀はどの程度踏み込める?

    3.日銀は国債買入れ減額にどの程度踏み込めるか?
    4.QTに関する海外中銀のコミュニケーション戦略

    (余談)B級グルメ探訪:名古屋の「ニュー台湾酒場クマネコパンチ」

  • 2024年5月31日号
    海外中銀が採用してきたQTの実際(1)

    1.海外中銀による8つのQT事例:パッシブQTかアクティブQTか?
    2.実際の保有証券減額ペースは?

    (余談)最近読んだちょっと変な本「地球の歩き方:ムーJAPAN」:円安が生んだ奇書

  • 2024年5月2日号
    今の円レートはスウェーデン基準だと「ジャンク通貨」&ルービンの含蓄

    1.日本政府の円買い介入は今週2度で計9兆円弱か ⇒ 1週間では過去最高の可能性
    2.2019年:クローナ安に激怒したスウェーデン国民、中銀総裁はガードマンが必要に
    3.ルービンが「強いドルはアメリカの国益」と言い続けた理由、今の日銀と真逆

  • 2024年4月30日号
    QTテーパリングの背景と手法は?

    1.QTテーパリングは”fairly soon”⇒ 今週のFOMCで決定の可能性も
    2.なぜ急ぐ? 逆説的だが「FRB保有証券の減額を促進する」ため
    3.いつ適用? どの程度スローにする? 準備預金減額の「量的ターゲット」はある?

    (余談)B級グルメ:岡山激安スーパー「満福のり弁当・豚生姜焼き丼・明太子のり弁当」

  • 2024年4月19日号
    「不適切にもほどがある」円安

    1.原油高と円安のダブルパンチを受ける日本の家計
    2.「不適切にもほどがある」円安、購買力平価に対し70%も割安

    (余談)NYしまほっけ焼き定食6500円突破、LAドジャースタジアム生ビール3000円超

  • 2024年3月29日号
    マイナス金利解除後もまだまだ異常な緩和策

    1.いまだ超緩和で次の一手にも慎重だが、「普通の金融政策」というアピールは重要
    2.黒田時代前に比べれば“異次元”の国債買入れ、“フットプリント”は巨大なまま
    3.実質金利は大幅マイナス、嫌なスパイラルの恐れも

    (余談)B級にならない米国B級グルメ(3):LAサンタモニカの全米5位バーガー

  • 2024年3月18日号
    マイナス金利解除で階層式が廃止された場合の短期金融市場

    1.マイナス金利解除で階層式が廃止された場合の短期金融市場
    2.海外中銀よりも遥かに時間がかかりそうな日銀当座預金減額
    3.激減が予想される無担保コール市場残高、政策変更適用は翌日から?

    (余談)この為替レートではB級にならない米国B級グルメ(2)ロブスターロール

  • 2024年1月31日号
    低インフレでも世界屈指の「好循環」の国、名目賃金急上昇でも実質が伸びない国

    1.日銀と対照的にインフレ2%維持に全く価値を見出していないスイス中銀
    2.インフレ率は低くとも、スイスの「賃金と物価の好循環」は世界トップクラス
    3.イタリア人に「好循環ですね」と言ったら、「はあ?」と返ってくるだろう

    (余談)今の為替レートでは悲しいかな“B級”にならない米国B級グルメ(1)